toggle
2016-05-11

革の手入れをしよう

家を見渡すと、革製品って結構たくさんありますよね。革製品の手入れって、やったことがない人にとっては敷居が高く感じてしまうものですが、やってみると意外に簡単です。いくつかの道具と、ちょっとした時間があればパパッと出来ちゃいます。
今日は僕が使っている革手入れ製品と、そのやり方をお伝えします。

AdobeStock 87424262

革手入れ製品は絵の具箱で保管

S 14663689

ちゃんとしたシューケアセットを買うと、Amazonでも2万円を越えてしまうので、
僕は中学時代の絵の具箱を利用しています。シューケアボックスより底は浅いですが、
そこそこモノが入るのです。

S 14663686

革磨きのための道具は全てこの中に収まっています。(靴の防水スプレーは入ってませんが)

・馬毛ブラシ
・豚毛ブラシ
・アプリケーションブラシ×2本
・デリケートクリーム クリーナー
・ホーキンス シュークリーム ブラック
・M.MOWBRAY(モウブレイ) シュークリームジャー マホガニー
・Collonil(コロニル) 1909 シュプリーム クリームデラックス カラーレス・ブラック
・Collonil(コロニル) 1909 ワックスポリッシュ ブラック
・ミンクオイル
・グランズレメディ 50g
・綿きれ

ひとつ10分でお手入れ終了

今回手入れしたのは、手帳(トラベラーズノート)、財布、靴の3つ。
モノは手間暇かけて手入れするほど愛着を持つものかもしれませんが、時間は有限。そんなに手間をかけずに、ささっと手入れすることを心掛けています。

手帳(トラベラーズノート)

買ったばかりなので、Collonil(コロニル) 1909 シュプリーム クリームデラックス カラーレスを塗っただけです。手帳は鞄に入れて常に持ち歩くもの。時には濡ていたり汚れた手で触ることもあるでしょう。クリームにはフッ化炭素樹脂が配合されており、撥水効果を革にもたらします。コロニルのシュプリームを初めて購入したのは新宿の東急ハンズだったのですが、そこで店員に言われたのは「このクリームがあれば、他に何も要りません」でした。それを真に受ける訳ではないですが、ロウが入っていないので定期的に落とす必要もなく、革に栄養を与え、守ってもくれる。攻守それぞれ90点の素晴らしいクリームです。

財布

薄い財布(abrAsus)を使ってます。ズボンのポケットに入れっぱなしなので汗でヨレヨレになっちゃうのが僕の財布。でも手入れは2工程だけ。デリケートクリーム クリーナーで表面の汚れを落とし、その後でコロニルのシュプリームのブラックを塗っておしまい。簡単ですよね。

財布と基本的に一緒です。馬毛で汚れを落とし、デリケートクリーム クリーナーを塗って汚れを取り除きます。コロニルのシュプリームのブラックを塗り、最後にCollonil(コロニル) 1909 ワックスポリッシュ ブラックで爪先を綿きれで丁寧に磨きます。

S 14663684

手入れが終わったら、段ボールの上で暫く乾かして、おしまいです。

皆さん、いかがでしたか?やってみると結構楽しいんです、革のお手入れ。こだわり始めたらキリがない、裏返せばそれは奥深く楽しい世界、ということですが、やり方は人それぞれです。やったことがない方は是非一度やってみては?

関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です